【西宮・甲子園口】元気なうちに相続を!相続準備専門税理士

MAS監査

目標を達成し夢を実現させる財務支援サービス

「MAS」とは、マネージメント・アドバイザリー・サービスの略。
MAS監査業務は、前提として社長1名~社員50名程度の企業で、個人事業から組織への変化が難しい・・・というお客様をサポートしています。

具体的なサービスとしては、下記の「ボトムアップ型」と「トップダウン型」の2つを、規模や体制によって最適なかたちでご提案致します。

こんな悩みを解消します

・社員に原価意識をもってもらいたい。
・社員と目的を共有したい。
・何が不採算なのか?はっきりさせたい。

・社内会議の運営がうまくいかない。
・計画が作りっぱなしになっている。
・経営支援をしてほしい。

トップダウン型 MAS監査

トップダウン型では、主に経営者と私たちとで数値計画を立てていきます。
最初に5ヶ年計画を立て、経営者が目指しているものを共有し、最初の1年目を単年度計画に落とし込みます。
毎月の訪問で予算と実績を確認。その中で数値の意味や見方などを理解していただくことが目的です。
2年目からは季節変動や臨時支出なども見込み具体的な計画に変わっていきます。

将来の組織運営のためにも、数値の見方を理解し、行動計画や戦略経営に役立てていけるよう、下記のフォーマットをご用意いたします。
(個人経営または社員数の少ない企業向け)

・経営理念
・ビジョン
・環境分析
・財務分析
・経営課題

・課題整理
・商品市場マトリックス
・マーケティング
・コストダウン対策
・アクションプラン

ボトムアップ型 MAS監査

経営者と幹部を中心に、月1回2時間の会議を実施。
目標としている内容を数値に落とし込み、それに向かって行動と検証を重ねていきます。

文字で表現すると当たり前のことのように見えますが、中小企業ではこうした会議の継続が難しいのが実状です。

そこで私たちが会議を企画。

事前に経営者の希望をうかがった上で進行を行います。
大まかな数値を決めるため、最初の6ヶ月間は行動計画を固める期間とします。
(社員数10人以上の企業向け)

ボトムアップ型MASの流れ

1.理念の見直し

企業理念の意味を社員全体共有できているかを検証します。

2.会社分析

目指す目標や現状の評価について、経営者と幹部の間でズレが生じていないかを見直し、その差分を議論。
それぞれが持つゴールのイメージを近づけていきます。

3.収益性ロジック・ツリー

会社の収益を上げるためにはどのような方法があるのか?それぞれが考え、発表し、まとめます。

4.組織風土分析

社員税院のアンケートを基に、現状の組織風土を分析。
問題点を洗い出します。

5.経営課題の抽出

1~4の内容を再検証し、優先順位を決定。
1年以内に行うこと・中期的に行うこと・長期的に行うことに分類します。

6.行動計画の作成

5の分析に基づき、行動計画(いつ・だれが・何を・いつまでに・いくらで)を計画し、数値に落とし込んでいきます。

お気軽にお問い合わせください! TEL 0798-64-2960 (甲子園、無事に苦労ゼロ)
受付時間9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 松下欣史(よしのぶ)税理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.